読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに、やめるから。

それまでは、OTAKUでいさせてくれないか。主に丸山隆平さんと関ジャニ∞について。

【茶の間】活動時間調査報告

ぎゃふん。また、昨日も丸山さんと村上さんと「木曜日も夜ふかし」してしまった…つまり、レコメン!を最後まで聞いてしまったってことです。

それにしても、エイターになってから、テレビを見たりラジオを聴いたりする時間が増えたような気がする。
そこで、自分が、どのくらいの時間をエイトさんが出ている番組に費やしているのか(費やしていくのか)を確認してみた。

f:id:almikan88:20150410205253j:plain


計算とか情報とか時間とか間違っていたらごめんなさい、と先制謝罪。私は文系かつ適当がモットーです。

リアルタイム視聴枠については、自分の中でほぼ毎週、その時間に見ることが出来る番組。録画予約枠は、録画して見る、もしくは時と場合によって見る番組として位置付けた。
ちなみに、ジャニ勉は私の力では視聴出来なさそうなので、泣く泣く外しました。

結果、毎週およそ9時間は関ジャニ∞の番組を視聴している(することになる)ことが分かった。
これは、4週/月の単純計算で、月およそ36時間、年間432時間になる。
なんか意外と少ないような気がしたが、24時間の内、通勤・就業時間と睡眠時間を除いた時間がおよそ5時間。週5で25時間。土日に自由になる時間は、日に寄って変わるが大体8時間×2=16時間と考えると、41時間中9時間…つまり、週におよそ2割を関ジャニ∞の番組視聴に費やしている計算になる。
録画予約枠も足すと、41時間中15時間*1になり、3割5分くらいにまで跳ね上がる。

さらには、ここに特番が追加されたり、DVD鑑賞をしたりすることによって、時間はますます増えていく。で、通勤中(往復3時間)は大体関ジャニ∞の曲を聞いてる。

ふー…毎日の積み重ねって怖いですね。多分、この時間を英会話レッスンに使用したら、相当喋れるようになると思うけれど、悲しいかな。好きじゃないことは続かないし出来ないのである。

それにしても、関ジャニ∞は深夜に食い込む番組が多いな。真夜中の王子様。
注目は土曜日。
キャッチコピーは「おはようからおやすみまで」
地味にエグいぞ…ある意味修行。好きで楽しいけど。

そして、一週間の内3日は夜中1時以降に寝ることになるので、老化が加速するんじゃないかと心配です。でも、キラキラしたものを視聴しているから、若さを保てるかもしれない…してくれ頼む。

*1:実際は隔週放送のものもあるので、この通りにならないけど。