読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに、やめるから。

それまでは、OTAKUでいさせてくれないか。主に丸山隆平さんと関ジャニ∞について。

ストロベリーナイトとドS刑事第5話

丸山隆平 大倉忠義

会社の先輩が、とうとう「関ジャニ∞の中で一番好きなのは誰か」を考えてくれるまでになった…。

横山さんだそうです!

ジャニ勉に出てた時の服装が一番好きだったとのこと。 私が好き好き言うものだから、テレビに映っている彼らを気にして見てくれるようになったらしい。毎日、「丸ちゃん!丸ちゃん!エイト!エイト!」と話している甲斐があったものだ。

さて、そろそろ本題。 週末、エイトの二人が出る刑事ドラマ(映画)を見たので、まとめて思うことを。

ストロベリーナイトは、結構エグいシーンが多くて、普通なら多分、私が見ない類のドラマなのだけれど、丸山さん出演という一点で以前再放送していたものと先日の劇場版を視聴した。 丸山さんの活躍もさながら、このドラマの一番のポイントは、やはり竹内結子さん演じる姫川玲子を紅一点に、姫川班の逆ハーレム的な団結力が魅力的なのだろうな、と。 西島秀俊さん演じる菊田が姫川に忠実な大型犬だとするなら、丸山さん演じる湯田は人懐こい小型犬(小さくはないけど)で、そこにちょっと過去にトラウマがあって姫川班から一歩引いた小出恵介さん演じる葉山がいて、ドッシリ構えた安心と安定の宇梶さん演じるベテラン石倉さん。姫川班のこの布陣!書き出してみると、素晴らしく萌える!(あ、言っちゃった)

姫川と菊田の関係性とかもう…劇場版見て「これで終わらせないで…!」と思わず呟いたくらいだった。 物語的にも暗い中で、丸山さん演じる湯田くんは、本当に可愛かった。こんな後輩が欲しいと心の底から思った。劇場版見ながら出てくる度に悶絶し、ピントが丸山さんに合ってないシーンでも丸山さんを見続け、「ポーンピーン!」の台詞で発狂した。 あれ。結局丸山さんが可愛いbotになってる。

これとは対照的に、ドS刑事の方は一人一人のキャラを立てて見せるドラマだな、と。 読んじゃだめだ読んじゃだめだ、言いながら結局、原作のドS刑事 朱に交われば赤くなる殺人事件を読んでしまい、こちらは小説なのに読んでいて気持ち悪くなるほど結構エグかったので、これはドラマに持ってくるの難しいだろうなぁ、と。これからやるかもしれないけど。朱に交われば〜をやるなら、重そうなあの話を土曜九時向けにどう翻訳するのかがとても気になる。

で。ドS刑事はやはり、多部未華子さん演じるドSな黒井マヤが一番魅力的だと思う。回を増す毎にチャーミングなマヤ様に虜になっている気がする。 あと、第5話のハイライトといえば、大代官様がグルグル回す遊具を回し過ぎて死んだ顔になっているところと、サプライズケーキで顔面クリームをやられたところだろう。この代官様を見ていると、こっちまでドSになりそうで怖い。

ところで、浜田くんはドMにならないのかしら…。

結局何が言いたいかといえば、やはり個々のキャラクターとその関係性が魅力的だと惹きつけられる、という話。これは、私がエイトさんを好きな理由にも繋がってくるんだけれど、これをまとめるにはまだまだ経験値が足りない気がするので、またいつか。