読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに、やめるから。

それまでは、OTAKUでいさせてくれないか。主に丸山隆平さんと関ジャニ∞について。

丸山隆平さんを想いながら夜に聞きたい米津玄師さんの曲五選。

その他 丸山隆平

どんだけピンポイントな五選なんだい。


普段から自己満足なブログが更に自己満足に走ろうとしているけれど、元々ここはそういうブログだったことを思い出す。

米津玄師さんを知らない方のために説明しておくと、東京メトロのCMやNIKONのカメラのCMに使われている歌を歌っている方で、メジャーデビューする前はハチ名義でニコニコ動画で活躍していました。その時から大好きだったアーティストの方です。このブログでも何度か話題に上げているかな。
YouTubeに公式でMVがあるから有難い。コメントと共にリンクを貼り付けておこう。

今回は、そんな米津さんの楽曲の中から、秋の夜長に、丸山さんに対する重い想いを抱えながら物思いにふけられる米津さんの楽曲から5曲チョイスしてみようと思う。

◇旅人電燈
見つめているよ ぼくは今も
地球の上で光る星だ
誰も ぼくを 知らなくとも
まだ見ぬあなたのために光る
あなたに会いたいな
誰しもが持つ人間的な孤独と寂しさを抱えながらも、偶像としてこの地球の上で、今、目の前の、そしてまだ見ぬファンのために暗闇の中で輝いてくれている丸山さんを想いながら、切なくも希望を描ける一曲。

◇恋と病熱
病熱を孕ませ夢を見ていた
盲いた目に見えた落ちてく陽
愛していたいこと愛されたいこと
望んで生きることを 許して欲しい

アイドルのファンであり続けるこの気持ちは、病熱にも似ている。そんな病熱を孕ませながら、いつも現実逃避的な夢を見ている。
丸山さんを愛し、ファンとして愛されること。
様々な代償を強いるその望みを持つことを、許されたいと今日も私は願っている。

◇アンビリーバーズ
誰がどんなに疑おうと
僕は愛しているよ 君の全てを
もしも神様がいたのならば
僕と同じことを言うだろう

この世の中で洪水のように溢れる情報に、電子の海を漂う言葉に心を惑わされたとしても、君の全てを愛している。そうありたいと願うと同時に、音に乗せた言葉が巡って、丸山さんに届いてくれればいいな、と思う。

◇アイネクライネ
あなたが居場所を失くし
彷徨うくらいならばもう
誰かが身代わりになればなんて思うんだ

もはやモンペと言われるのは百も承知。
そして、『あなたに会えて本当に嬉しいのに  当たり前のようにそれら全てが悲しい』気持ちも、変わらずこの胸に存在している。それは『今痛いくらいの幸せな思い出が  いつかくるお別れを育てて歩く』ことをどこかでわかっているから。
丸山さんに歌って欲しい米津さんの楽曲不動の一位であるこの曲は、どこの歌詞を切り取ろうか悩むほど。

◇眼福
望むのは簡単だ  あなたがいる未来が
ただこの目に映るくらいでいい
私はそれだけで眼福さ
あなたが大勢の人の前、画面の前、手の届かない場所、でもいつか会える場所…そんなところで笑っていてくれること。光り輝く存在でい続けてくれること。そんな未来がこの目に映るなら、それだけで私は眼福。

以上です。

先日発売されたシングルから二曲も選出してしまったので、ステマのように思われるかもしれないが、アンビリーバーズは本当に良かった。買って良かったと思えるシングルに当たるのは、本当に幸い。ステマついでにAmazonのリンクも貼り付けておこう。


重たい愛のコメントばかりになったので、次回は気分を変えて「丸山隆平さんにパッパッパラーして欲しい米津玄師さんの楽曲五選」をお送りする未定です。

…未定なのかよッ!

一人虚しくツッコミを入れて締める。