読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに、やめるから。

それまでは、OTAKUでいさせてくれないか。主に丸山隆平さんと関ジャニ∞について。

すこぶるどうでもいい話

その他 関ジャニ∞
《前置き》
本日はいつも以上にどうでもいいかつしょうもない話になりますのでご了承下さい。どうでもいいかつしょうもない話、というのは八割がた私の妄想の話になります。では本編へ。


《本編》
話は数日前にまで遡る。
その日は、学生時代の友人・後輩達とカラオケに行ったのだが、これがただのカラオケではなく、アニソンやゲーソンと言ったオタソン縛りのカラオケだった。
本来なら、関ジャニ∞の楽曲を歌いたかったのだが、そこはちょっと遠慮した。T.W.Lやイエローパンジーストリートクレヨンしんちゃんの曲で通せたかもしれないけど、ちょっと甘えかな、と思って我慢した。友人はTOKIOの『ハートを磨くっきゃない!』を歌っていたけど…や、やっぱり歌えば良かった!

それはさておき。
カラオケの中で後輩(♂)の一人が歌い始めたのが、勇者王ガオガイガーというアニメの主題歌、『勇者王誕生!』である。
ウィキペディア調べによると、この曲にはいくつかのバージョンがあるらしく、その中でも後輩が歌っていたのは『勇者王誕生ー完璧絶叫バージョンー』である。この完璧絶叫バージョンなるもの、何が凄いかと言うと、アニメの中で出てくる台詞や必殺技が織り交ぜられ、それを絶叫していく上に、五番まで歌詞があるものだから、8分間近く『ガガガッ、ガガガッ、ガオガイガー!(なんか台詞!)』を聞くことになるのである。ちなみに、普通は3人以上で歌唱するものらしいが、彼は一人で絶叫していた。強者。

さて、この楽曲を聞いているうちに不思議な現象が起き始めた。
なんと、歌っている後輩の姿が、次第に丸山さんに見えてきたのである。
スーツ姿だから足が長く見えるなー…と思った辺りからおかしくなっていった。
後輩の顔や声が、脳内で勝手に丸山さんに差し替えられていくなんて…お、恐ろしい!何か新手のウイルスかしら!?

いや…超常現象みたいな言い方はよそう。

つまるところ、8分という長い時間、後輩の絶叫を聞いているうちに、「これを丸山さんが歌っていたらなぁ」という現実逃避に近い妄想劇場を開幕させたのである。

丸山さんがガオガイガーを知っているか否かはともかく、丸山さんは歌もシャウトも上手い。
関ジャムのサンボマスターさんとのセッション回やデーモン閣下の回を思い出しつつ、「この必殺技を叫んでいるところは、こんな感じで叫ぶだろうな…」とか「ここは前屈みになる感じで歌うんだろうな…」いう妄想を繰り広げているうちに、めちゃくちゃ楽しくなってきてしまい、思わず顔がにやけてしまった。(病気です)
ラジオでも、ブンブンだかブォンブォンだか言っている丸山さんのこと…きっと、必殺技を叫ぶのは好きに違いない。(決め付け御免)
丸山さんであれば、いくらでも「ファイナル・フュージョンッ!」と叫んで頂いて構わない。
そんな風に妄想すると、見たことも聞いたことも無いアニメ主題歌だとしてもなかなか楽しむことが出来るのである。

そんなこんなで、これからの関ジャムでアニソン特集回があったら良いのにな、と思った次第です。昔、すばさんがレコメンで聖闘士星矢を歌ったという伝説回もあったらしいので…ありなんじゃないかと。水樹奈々さんと水木一郎さん辺りをゲストに据えて、アニソンの歴史を振り返りつつ番組進行したら、私が喜びます。
または、ゲストに初音ミクを据えて、バンプの『RAY』みたいに、エイトさんの楽曲でミクさんとセッションしたり、関ジャニ∞の声を使ってボーカル音源・ハチっぽいどを作ってみたりする回があってもいいな…妄想だけは膨らむな。

まとめると、丸山さんやエイトさんがアニソン歌う姿見たいって話でした。

最後になりましたが、関ジャニ∞の元気が出るCDの詳細きましたね!
本編もユニットも初回特典も盛り沢山で、今からソワソワしています。
ありがたいことに、元気が出るライブにも参戦出来そうなので、また色々書いていけたらと思います。

以上、撤収!