読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに、やめるから。

それまでは、OTAKUでいさせてくれないか。主に丸山隆平さんと関ジャニ∞について。

エイトごと雑感①〜関ジャニ∞の元気が出るCD‼︎とそれにまつわるエトセトラ

エイトゴト渋滞で何から書けばいいのか分からない。

アルバム発売からの怒涛のテレビ出演、雑誌発売…全部じっくり味わって文章にしたいのに、次から次へと文章にしたい事柄が溢れて、溺れる寸前。到底追いつかない。どうしようか考えた末に、メンバー毎にとりあえず言いたいこと書く、ということにした。すなわち、ふんわりした雑感になってしまうわけだけど、ご了承頂ければ幸いです。


言うまでもなく、アルバム特典映像含め、ネタバレ全開なので、お気をつけをば。




◆きみたかフリスビー
A盤の特典ディスクと関ジャニ∞クロニクルにおいて長男気質でぞんざい愛されキャラを世に見せつけた横山氏。初っ端から集合写真撮影係、撮影交渉係を押し付…否、みんなに頼られ甘えられているのは、さすがお兄ちゃん。1日目のBBQで、大倉氏が草むらに飛ばしたフリスビーを探し出してあげたのは、さすがお兄ちゃん。
でも、フリスビーの仲間に入れてもらえず、一番遠くで待っているのに、全然パスを回してもらえない不憫。最終日、サイコロによって札幌でラーメンを食べられず、メンバー全員に奢ることになってしまい、端でメンバーが食べている姿をひたすら眺めるだけの不憫。BBQ後、サイコロ遊びを始めた時、「いつもありがとう」と言いながらメンバーの名前が書かれたサイコロを振ったら、自分の名前が出て、すばさんにそのサイコロを蹴り飛ばされた不憫。
とにかく色々と不憫なのだが、そんな不憫な長兄っぷりがたまらない。横山さんの魅力はこれだ!と再発見。そんな横山さんを分かりやすくコントにしたのが、クロニクルの新しいコーナー・すぐムキになる横山の時間。けん玉遊びに混ぜて欲しいのになかなか言えない、自分がけん玉を成功させるまで、すばさんと大倉氏を部屋から出さない、というところは間違いなく可愛い。そして、そのコーナーの解説を村上さんがやっているのが最高。やっぱり、各グループに一人は不憫キャラがいると楽しいし、その役割をお兄ちゃん的存在が担っていると更に美味しいという私的統計があるので、この魅力をこれからも全面に出して欲しい。


◆しんごスイッチ
夏休みで更に滲み出る少年とオカン。
バイクのツーリングで明らかに緊張している丸山さんに声を掛けてあげたり、BBQの時に錦戸さんが丸山さんの焼いていたホタテを食べたことから始まったコントで、食べ過ぎリバースしてしまった際、錦戸さんの鼻をかんであげたりという優しさはまさにオカン。流氷館に入ったものの真っ先に寒いと出口を目指し、いつも通りツッコむべきところにはツッコミを入れ、BBQの時に無邪気にサッカーやフリスビーをして遊ぶ姿は少年。そして、根底にあるのは優しさ。
そう、村上さんの優しさについて言及したいと思ったのは、ホンマでっか!?TVのメール診断の文面。丸山さんのメールに興奮し過ぎて言及出来なかったけど、村上さんの『なんでこんな事になったんや?こうなる前に方法あったやろ!いっぺん電話してこい‼︎』って返信は人情派だな、って思う。村上さんの優しさって、厳しさを持った優しさで。一見きつく思うけど、人のために厳しいことや駄目出しを言ってあげられる人こそが、本当に優しさを持つ人なんじゃないかな、と最近思う。
あと、Mステの画面でなんか自由に顔芸みたいなものをやっているなぁ、と思ったら、演奏後に突然トークをチャキチャキと仕切り出す。あなたのしんごスイッチどこから?!あと、改めて思うけど、トーク回すの本当に上手い!そして、思いっきり袴捲り上げて足を出していたのは、セクシー過ぎです!卒倒しちゃう!隙があるんだか無いんだか…不思議な人だ。


◆すばるユニバース
最強にして絶対にして天才にしてカリスマ・渋谷すばるの存在を改めて思い知らされたのは、Mステでのパフォーマンス。「後ろの皆も〜」の部分を「テレビの前の皆も〜」にアドリブ変更をいれていたところ、そしてスタジオから画面を突き抜けてこちら側にも流れ出す熱気を作り出すのは、間違いなくこの人のカリスマがあってこそだ、と思うと鳥肌が立った。何回Mステを見直しても、すばさんの歌声を聞くと興奮の渦に巻き込まれていく。そんなすばさんを、私は天才としか表現出来ない。渋谷すばるはなるべくして渋谷すばるになったんだな、と思う。
あと、初回A盤の夏休みでは心から楽しそうで、見ているこちらも非常に楽しかった。「タイヘイヨウ〜タイヘイヨウ〜カイガン!カイガン!」とか、様々に丸山さんと響き合っていたわけだけど、すばさんから何某かが始まると、そこから宇宙が出来ていく感じがする。あと、ノシャップ岬で「極力俺に触らんとって」って丸山さんに言っていたのに、すぐ後の記念写真撮影時には、丸山さんの肩を支えにしていて、挙句、撮影後になると丸山さんにおんぶして貰っている…もはや天才としか思えない。この一瞬のどこでおんぶ展開になったんだい?まったくもって、すばさんは人を痺れさせる天才だと思う。
早くライブで『勝手に仕上がれ』を見たい、聞きたい。すばさんが「丸山ァー!」って叫ぶところを生で見たい、聞きたい。興奮し過ぎて気絶しちゃうかもしれないけど。


ふんわり雑感のはずが、想像していたより長くなってしまったので、残りは②に書くことにします。あと、興奮して文章を書いたので、非常に文章が読み辛くなってしまい申し訳ない…あ、それはいつものことか。