読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに、やめるから。

それまでは、OTAKUでいさせてくれないか。主に丸山隆平さんと関ジャニ∞について。

関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ 2016.08.13

関ジャニ∞リサイタル

このリサイタル参戦が終わり、夏の楽しみにしていたイベントが全て終わってしまった。蝉のように短くて儚い私の夏休みも、あっという間に終了した。遊びすぎて疲労困憊である。

しかし、幸運にも入ることが出来たリサイタルについて、記憶が砂塵と消える前にどうしてもブログを書かねばならない。

前振りはこの辺で切り上げ、笑いあり、笑いあり、盛大な(ネタバレ)ポロリもあるよ★なリサイタルレポートを始めます。

 

 

 

.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆以下、ネタバレ.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆

 

 

 

リサイタルはあまりにもあっという間で、でもそのあっという間の時間で「元気を貰えた!」と思えるパワーを受け取ることが出来たので、やっぱり彼らは偉大だな、と思う。というのも、リサイタル参戦する直前に、生まれて初めて血尿を出し、高熱にうなされ、参戦が危ぶまれていたからだ。それでも、「死んでも参戦する。化けてでも参戦する」という気力と抗生物質で、何とか体調を回復させることが出来た。ひとえに丸山さんに会いたかったからである。

 

埼玉スーパーアリーナという地に初めて赴いたわけだけれど、我が本拠地たる幕張メッセと比較すると抜群のアクセスの良さだった。アリーナというかドームに近くないかコレ*1?!と思いながら、席に着いた。スタンド200レベルの席からは全体を見渡すのに丁度良く、ここならトロッコが通った時にファンサも貰えるんじゃないかと期待した。もはや、一年前の純粋な愛はどこへやら。今年は下心に下心を塗り重ねたうちわと共に席へと着いた。うちわのメッセージは丸ちゃんと私の間の秘密である。ムフフ。

 

 開演十分前くらいになり、BGMに「がむしゃら行進曲」が流れ出すと、会場にいたファンは自然とがむしゃら行進曲の振りを始めた。ひまわりのペンライトが自分と同じ動きをする中で、会場に笑い声が響く。今回の公演は良い雰囲気で過ごせそうだな、と私は思った。現場におけるファンの空気感って、凄く大事だと思う。

 

そんなこんなで、「エイトエイターOh!」が流れ、リサイタルが始まった。まさか今年も丸山さんの宣誓が聞けるとは思わなかった。多分、マイクを使わずだったと思うんだけど、しっかりと丸山さんの声が届いて、胸が熱くなる。距離が近い。

そのまま、エイトさん達が罪と夏を歌い、ホットなメドレーが繰り広げられる。中でも一秒KISSが流れると、私のテンションは爆上げになり、そのままトロッコで近付いて来た丸山さんの表情が思い出せないくらい興奮した。ただ、丸ちゃんの表情は、この日もファンサ一つ一つに真剣であり、限りなく太陽に近いイケメンだった。罪でしかない。表情覚えているじゃないか!というツッコミは甘んじて受け入れる。でも、安田さんの笑顔の方がくっきり覚えているんだよな…う、浮気ちゃうで!

 

さて、ここまで頑張って文章を書いてきたものの、ザル記憶では限界があるので、箇条書き始めちゃう。

 

・ヤスダーランドは夏のジャニーズ曲を織り込んだ壮大なコントだった。支配人となった安田さんがヤスダーワールド全開で進めていくところに笑いを禁じ得ない。

・しかし、私の敗因は他ジャニーズグループの曲をほぼほぼ知らなかったことである。ジェットコースター・ロマンスくらいしか分からないジャニ力の低さが露呈。

・ヤスダーランドで横山さんとはぐれた一行。探しながらクイズの館なる場所に迷い込む。そこで出されたクイズが以下。

「この中で一番暑いのは?」

「Spring Summer Autumnand Winterand …You(横山さん飛び出る)」

「この中で一番白いのは」

「Spring Summer Autumnand Winterand …You(横山さん再び)」

後から調べると少年隊の「湾岸スキーヤー」なる曲だと分かったが、公演時はネタが分からずだが、「YOU」でとにかく笑う。

・その後、「Dye D?」で、珍しく踊り出したかと思えば「Let you Go」を「熱中症」に変えた天丼が始まり、熱中症で村上さんが死んでしまう。「信五ー!」と呼ぶメンバー。その内すばさんが「シングー!」などとふざけて呼び、村上さんは吹きだすものの、あくまで死んでいる。

・そこから、夜空ノムコウ…村上さんの幼少期からの写真が流れ、しんみりとした空気に。

・数年後(5年だったか?)、メンバーが再集結。丸山さんは村上さんの八重歯を肩に埋め込んだとのこと。愛が重い。

・なんやかんやで、信五…ならぬKING復活。

ここまで流れを書いても、どういうことだかよく分からない。盛大な茶番過ぎて笑うしかなかった。

・イケメンカメラ目線リサイタル開幕。

・初っ端から、村上さんのイケメンっぷりが炸裂。

・村上さんを撮影した大倉氏の腕が神がかっていたと思う。最近、デジ一で写真を撮るようになって、いい感じの写真って構図が大事なんだよなぁ、としみじみ思った。

・すばさんは安定の可愛さ。

・錦戸さんはぶれないイケメン。

・対する横・倉・安組…どうして、集合写真のポーズを鴨にしたんだ!

・ネギが鴨しょって…等ナチュラルに言い間違えるヤスダーランドは未だ開演中。

 ・バッキバキ体操第一は、情熱大陸風な村上さんの映像から始まる。

・バンドパートでは、「Your WURLITZER」「Do you agree?」「愛でした」と個人的に好きで熱くなる曲ばかりで涙が込み上げた。

・丸山さんがマクベスの時より髪を切り、ベストな感じの長さで、前髪で表情が見えない形でベースを奏でる姿は最高であり、国宝にするしかないと強く思った。

 

もうダメだ。他にも色々あったはずなのに、ガンガン記憶が抜けていく。無駄に長い上に中身の無い駄目レポートっぷりで申し訳ない。

冒頭にも書いた通りのあっという間さで、もっと見たーい、もっと歌も聞きたーい、とよりエイトを求めて今日に至る。やっぱり、現場が一番楽しい。彼らが笑って歌ってくれる姿を見るだけで元気が出るので、これからも、少しでも長く彼らを応援出来たらいいなぁ、と思いました。

 

*1:さすがにドームほど大きくないけれど