読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに、やめるから。

それまでは、OTAKUでいさせてくれないか。主に丸山隆平さんと関ジャニ∞について。

突然。

朝、小説『ドS刑事』を買った後、駅を歩いていたら、突然、柱のモニターにサタデープラスの丸山さんが一斉に映し出された。

余りにも不意打ち過ぎて、顔がニヤけるのを止められず、思わず口元を覆ってしまった。心臓が一気に跳ね上がって、変な汗が出た。
新宿、池袋では広告映像が流れていると聞いていたけれど…まさかまさか通勤途中で見られるなんて!
ありがとう!上野東京ラインが出来たけど、私、ここで乗り換える!
しかし、写メ撮りたいと思う前に、画面はすぐに変わってしまい、ガックリ…ああ、出勤前じゃなかったら、不自然にうろうろして待つのに。

そして、帰宅時、不自然にうろうろして待つも、柱の横にひ、人がいる…!どの柱にもいる。オッサンとかお姉さんが、待ち合わせでもしているのか立ってる!
ダメだ。この状況下で一人だなんて、到底、写メなど撮れない。 
それどころか、丸山さんが大きなスクリーンに映る度に、挙動不振になる。
映像広告に抱きつきたくなる衝動を抑えながら、すごすごと電車に乗る気の小さい、臆病者の自分を詰るばかりだ。

しかし、こんなことで心拍数を上げては、丸山さんと万が一…いや、億が一すれ違ったらどうするんだと思ってしまう。
あわあわした挙句、多分、柱の影に隠れてガン見して終わるんだろうな…ガン見どころか、目が泳いでしまうかもしれない。
声とか絶対掛けられないから、「いつも応援してます!」ってテレパシー飛ばす*1しかない
それどころか、もしかしたら、急な心臓発作起こして倒れてしまうかもしれない。その時はどうか、誰か、救急車を呼んで下さい。お願いします。

と、いうわけで。
サタデープラスナビ、見ました!

イケメンである。
限りなく主婦層にもウケの良さそうな、好青年イケメン。
スーツ+丸山さん=イケメンプラスの法則。
ありがとう、情報番組MC…!

初めて、丸山さんが情報番組のMCやる話を聞いた時、喜びと同時に丸山さんのMCが想像付かなくて、「大丈夫かな…」と余計な心配もしたけれど。

きっと、楽しい情報番組になる!

そう、思えました。

そして、頑張って起きて、出来るだけリアタイするのが、私の目標。

*1:現時点においては、そのような能力はないので、いざという時のために修業が必要かもしれない。