読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬまでに、やめるから。

それまでは、OTAKUでいさせてくれないか。主に丸山隆平さんと関ジャニ∞について。

ぼっちエイター、コミュ力エイターさんに優しくされる。

関ジャニ∞ ジャニーズ
エイター界隈でも随一を誇る(!?)ぼっちエイターのあるみかんです。初めましてorお久しぶりです。丸山担を名乗っている者です。

今日は、コミュ力の足りないぼっちエイターが、コミュ力の高いエイターさんに優しくされた話をしようと思います。

そもそも私は、ジャニヲタさん同士のやり取りに憧れを持っていた。ライブで会った時に手土産を渡す風習、その手土産が担当色だったりグループを彷彿とさせるものだったり、可愛かったりして、ブログの画像を見ているだけでワクワクした。また、鳥貴族やカラオケで行われるオフ会、ダビングしたDVDやゲットした銀テープ交換の儀…全てはジャニヲタカーストの中でも上のほーの殿上人のやり取りであり、周囲にエイターの友人もおらず、Twitterで上手く繋がることすらままならない、ぼっちエイターには夢のまた夢のことだと思っていた。

しかし、そんなぼっちエイターに、手を差し伸べてくださった女神がいるのである…しかも、二人も!

一人は、このブログ上でもよくやり取りさせて頂いている丸ごとなorangeのせとかさん。もう一人は、同じビルで働いている方である。

お二方のそのコミュ力の高さには脱帽するばかりである。私はいい年して自分から話しかけるというのが苦手で、「話してみたいな〜」と思っても、大体、はてブロであれば星を付けるか、リアルであればチラ見して終わってしまうタイプなのである。しかし、お二方とも、この話しかけづらそうな人間相手に、積極的にコミュニケーションを取って下さったのである。実にありがたい話だ。

同じビルで働いている方は、私が持っていたグッズを見て話しかけて下さり、なおかつ、丸山担であることを告げると、後日オレンジの銀テープを下さったのである…神!エイターさんの優しさ、無限大。

そして、せとかさんとは、ブログ上でのやり取りから個人的やり取りに移行し、ダビングしたディスクをやり取りし合うまで仲が発展した。エイターさんとの初めてのやりとりに浮かれた私は、「ジャニヲタ お土産」でネット検索をし、普段はその辺にクシャクシャにして放置した女子力をなんとかかき集め…。

f:id:almikan88:20160206220547j:image

初めてのやりとりに挑んだ。

…だ、誰だ気持ちが重いと言った奴は!(笑)

初めてエイターのお友達が出来て嬉しかっただけなんだからな!


プレゼントするにあたり、オレンジのものや鮭・パンダに関連するものを探しに行くが、見つけるのもなかなか難しい。オレンジグッズが一番世に出るのがハロウィンの時期なので、その時期に、ラッピングやオレンジグッズを買っておけば良かったなぁと思いつつ、ロリポップ型のオレンジ石鹸をチョイス。ラッピングしてもらったら、女子力が高くなった気がするぞ!その割には、メッセージの一筆箋がおそ松さんという女子力(笑)なわけだが、気にしては負けである。

それにしても、エイターさんとの会話は楽しい。こうしてブログを書きながらも、エイトやら日常話やらをしているのだが、会話している内にオレンジのハスラーが欲しいという話になった。※私はペーパードライバー丸山担です。オレンジのハスラーを買ったら、車内もエイト仕様にして、「丸ちゃん」って、そのハスラーに名前を付けて、エイトのアルバムをかけながらドライブをしたい。※繰り返しますが、ペーパードライバー丸山担です。こういう話題で盛り上がれるお友達っていいですね。

なんだかんだ、エイターさん、ジャニヲタさんって親切でコミュ力高い人が多いなぁと思う。それは、自分の好きなものをもっと知ってほしいという気持ちや共有したい気持ちから来ているのかな、と思うし、そういうところから知らない人と繋がれるのは凄いことだと思う。

そして、私のようなキャッキャすることが苦手な消極的ぼっちヲタの方には、ブログを始める、もしくは、分かるか分からないかくらいのさりげないグッズを持つことをオススメします。
ブログだと文章から人となりがわかるので、自分の傾向やスタンスを知ってもらいつつ、自分と気の合いそうな方を見つけることが出来る。Twitterだとフォロリムふぁぼ挨拶要不要等、独自の文化があって敷居が高い上にスピードが要求されるので、私のような初心者には上手く使いこなせなかった。
グッズは、同士だからこそ分かるレベルの小さいものが良さそうです。世を忍ぶ仮の姿だと、なかなかグッズを持つのが厳しいと思うけれど、キーホルダー、パスケース辺りなら、さりげなく目に入り、話のきっかけになる可能性がある。下手すると担当カラーの鞄を持つだけでも、意識が向きます(笑)
上記、時間はかかりますが、少し、お仲間から見つけてもらいやすくなります。
無論、積極的にコミュニケーション取れる方には不要だと思うけれど、何かの参考になれば幸いです。

最後、謎にヲタ友活講座みたいになったが、やはり何らかの形で自分から発信していくのは大事なことだと思いました。

以上、撤収!